大阪府松原市の整体院にて肩こり腰痛はもちろん側弯症・アトピー・糖尿病・リューマチもお任せください

大阪府松原市 近鉄南大阪線・河内天美駅 心とからだに、整体 気巧赤ひげ

当たり前のことだけれど??


私の知り合い「同期も少し年上も」



訃報が入る。



私もそんな機会の多い年頃になったと思ってしまう。

当たり前ですが?


少し前に「森重久弥さんが」

知ってる人が段々いなくなると泣いてました。


私まだそこまでの境地に行ってませんが?


アア~。未体験の心境やけど。



ホンマに毎日自然に、大事に「食べて、飲んで、」の当たり前の生活に感謝したいなんて愁傷に思う年頃ですネン。


しかし確かに訃報の知らせが多くなった年頃です。


友達も多いがテレビ出ている人も多い。


ヤッパリ、センチメンタルになるのは小学生の同級生が逝ったのを聞く度に。互いに「アア~アイツやな」「アア~可愛かったあいつか?」と思い出に子供の頃が引っ付いてくるから。なんとも言えない気持ちになる。そんな世代になりました。


同級生を訪ねたら「今、○○の病気でずっと入院してます」と言われたら、勝手に子供の頃を思い出す。


私の時代の者は軟弱なんでしょうか?


コーラ、マクドで育って。今のチキンラーメンも美味しかったがエースコックも今と違ってチキンのようにお湯掛けて毎日食べたな~。


その頃の親もラーメンばっかりでも野菜なんてなんも考えてなかったと思うな。



そう毎日がなんも考えなくて楽しいだけで。その頃の友の訃報の話しは同窓会になる。「ゴメンなさい。悪気はないんよ」


少し歳いって思えるのは毎日、大事に目一杯生きなアカンなと思える、考えるようになったんや。亡くなった幼友達よ。








心と体にやさしい整体『赤ひげ』

大阪府松原市近鉄南大阪線「河内天美」から徒歩10分

大阪府松原市の整体「気巧赤ひげ」ホームページ







このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年2月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:赤ひげ治療日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

サーカス動画