大阪府松原市の整体院にて肩こり腰痛はもちろん側弯症・アトピー・糖尿病・リューマチもお任せください

大阪府松原市 近鉄南大阪線・河内天美駅 心とからだに、整体 気巧赤ひげ

「薬は何処まで」が働く範囲?なの。

お医者さんには今でもいきますよ~~~?

でも長く行ってますと。

気が付く事があって困ります?

「あ?これ余り知らないな」とか「別の医者とココまで認識が違うのか」と余計な事に気が付いてしますのです、余計な事に。

でも時として「気が付いて良かった~」と思う事もあります。

兎に角今は薬を全部やめて飲んでいないのは気も楽で、体が喜んでいるのが解ります。

薬ってなんだろうか?

飲む側の「私は」理解はそんなに体を改善する薬はないな~と。

部分的に働く薬は必要です。

手術で麻酔薬は要るし。当面のその後の薬はひつようですが。ずっと飲み続ける必要のないのが薬ですね。

ウチの親戚で子供が風邪引いて抗生物質飲ませて一年。

下さいと言う親も無知ならそれ聞いて出す医者のハートはどうなってるんやろ??

予防接種も出来ない体にしたのは「親?医者?」

少しは患者も知識入れる勉強せなダメと思ってしまいます。

大阪府松原市近鉄南大阪線「河内天美」から徒歩10分

心と体にやさしい整体『赤ひげ』

大阪府松原市の整体「気巧赤ひげ」ホームページ












このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年5月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:赤ひげ治療日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

サーカス動画