大阪府松原市のヒーリング整体院にて肩こり腰痛はもちろん側弯症・アトピー・糖尿病・リューマチもお任せください

大阪府松原市 近鉄南大阪線・河内天美駅 心とからだに、ヒーリング整体 気巧赤ひげ

「ただ治すのは」出来なくなりました? 時々、連携が出来なくなる?

                                  

 

 

治療「医者も民間治療師も」批判ではないです?本当に。

 

私の最近の想いです。

 

 

薬も、手術も大事と思うのです。整体もその他も。私も病院に行ってますもの。

 

 

デモ思う時があります。何でも薬で手術で?民間治療で解消するのでしょうか?

 

少し楽に、少し予防に。と個人的には思うのです。

 

私いよいよ奉仕の治療に入ります。治療と言っても治すのが目的ではないのです。

 

不具合にマツワル。

 

 

「性格も。生活も。環境も。大袈裟には運命なども受け入れる気持ちになって」あせりも、執着も、なんというか。未だ私には身に付いていなくても。そう言う気持ちでする治療ですから。

 

「ハイ治しますとは簡単に言えないのです」宗教家に成るのではありませんよ?

 

自分が歳と共に。老化が進む中で。幼馴染が執着して苦しんで。亡くなって行くのを見る度に。

 

 

想い、考える機会が多いだけで。未だ遠い我が身には付いていないが機会が多くなっているので。

 

理屈、理論ではない触れ方をしたいのです。私的には。

 

 

益してや見えない不思議な治療はしたくないのです。

でも、それは実在すると思います。

 

多分、収益的にはしていないように思っています。見た事はないけど?

 

 

昔「治療師に成ったらアカン」と言ってた人が居ました。理解出来ませんでした。

 

 

その頃、家内が大病でしたから。お金も要るし、家内も治したいしと。

 

 

何時の頃からか、意味もなく「奉仕の気持ちの治療がしたいと」思うようになってからその都度、説明の付かないやり方。効果が出始めて。

 

益々「人が人を治すのはイケない、違う」と思うようになって。

 

益々、見えない世界を否定しながらも感じて、見るように「とんでもない物ではないのやな」と此れが「気持ちの世界」かと浸って行くようになりました。まだ旨く説明できませんが。

 

今の状況のお話は、今日はこれ位で

 

 

心と体にやさしいヒーリング整体『赤ひげ』

 

大阪府松原市のヒーリング整体「気巧赤ひげ」ホームページ

詳しくは当院のホームページをご覧ください → http://shizen-akahige.com/

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年4月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:赤ひげ治療日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

サーカス動画