大阪府松原市のヒーリング整体院にて肩こり腰痛はもちろん側弯症・アトピー・糖尿病・リューマチもお任せください

大阪府松原市 近鉄南大阪線・河内天美駅 心とからだに、ヒーリング整体 気巧赤ひげ

「体の不具合」に感謝ありき

私事ですが。最近は感謝の塊の人生です。







ラーメンの鬼佐野実さん死す 多臓器不全然

写真自家製麺を入念にチェックする佐野実さん(提供・新横浜ラーメン博物館)
自家製麺を入念にチェックする佐野実さん(提供・新横浜ラーメン博物館)

 「ラーメンの鬼」の異名で知られたラーメン店「支那(しな)そばや」店主の佐野実(さの・みのる)さんが11日午前2時57分、多臓器不全のため川崎市内の病院で死去した。63歳だった。素材を厳選し、麺やスープ、具にこだわり、ラーメンブームに大きな影響を与えた。厳しい言動でも人気となり、メディアにも数多く登場。しかし8年ほど前から糖尿病を患い、体調不良に悩まされていた。病床では、究極のチャーハン専門店を開業する夢を語っていた。

 ラーメンの鬼の最期は、穏やかな表情だった。

 糖尿病が悪化して倒れたのは今年2月11日。川崎市内の病院に緊急入院した。しおり夫人(53)の看護もあって、約3週間で一般病棟に移るまで回復した。ほぼ毎日、知人や弟子が病室を訪れた。そのたびにラーメンへの情熱と退院後の活動を熱く語っていたという。

 しかし今月6日に容体が急変。呼吸が荒れ、ベッドから起き上がることができなくなった。10日に血圧が急激に低下し、しおり夫人は主治医から「親族を集めてください」と告げられた。その後血圧は、ほぼ正常値に戻ったものの、翌11日に再び低下。最期は眠るように息を引き取ったという。

 オールバックの髪形に白い厨房(ちゅうぼう)服がトレードマーク。常に眼光鋭く、腕を組む姿で知られた。昨今のラーメンブームでは濃厚な味が多い中、佐野さんは86年の「支那そばや」(藤沢)出店時から一貫して、澄んだしょうゆ味と塩味にこだわり続けた。国内外から価格にこだわらず素材を探し、麺には自分の店専用の小麦粉も発注していた。

 客に対しても厳しく、藤沢時代は麺がのびるから「私語、携帯電話禁止」、香りを損なうから「香水厳禁」などと店内に掲示。スープを残すことさえ許さなかった。そんな姿から「ラーメンの鬼」と呼ばれるようになり、TBS系「ガチンコ」など多くのテレビ番組にも出演した。

 佐野さんが出店していた新横浜ラーメン博物館(ラー博)の広報・企画担当の中野正博さんは「自家製麺の草分けでラーメンに道をつくってくれた。誤解されやすいけど、本当は愛情にあふれた職人で、うれしいと涙を流して相手を抱擁する情熱家だった。残念です」と悔しがった。公式ブログの最終更新は2月14日。仲間の新店を紹介し「俺も食いにいくよ!」と記していた。

 葬儀はラー博近くの新横浜総合斎場で、17日午後6時から通夜、翌18日午前10時半から告別式が営まれる。

 ◆佐野実(さの・みのる)1951年(昭26)4月4日生まれ。横浜市戸塚区出身。藤沢商(現・藤沢翔陵高)では野球部に所属し投手。卒業後、洋食レストランでコックの修業を始める。86年、藤沢市鵠沼海岸に「支那そばや」を開業(04年閉店)。その後、横浜市戸塚区に移転、「支那そばや本店」として営業を続ける。2000年には新横浜ラーメン博物館にも出店。




死は何とも致し難しでして。

彼は私と同じ年。糖尿は私随分と先輩です。


掛かってこんかいと言う程、私は恵まれています。


糖尿は20歳から??「父は母の遺伝?私の息子は小学6年で急性糖尿で死に掛けました」

脳梗塞は9回のベテランです。


でも手術もなしで、糖尿は大学病院で断られるほどの重症ですが。今だ体は言ってはなんですが「40代」の筋肉してます。今度写真見せましょうか?


腎臓、肝臓も今だ正常値です。

倒れたのは一回だけ?薬勝手に止めてたから。


最近、日々感謝に堪えません。

芸能人でも私と同じ年の方が亡くなる事に我が病に感謝の日々です。



心と体にやさしいヒーリング整体『赤ひげ』

大阪府松原市近鉄南大阪線「河内天美」から徒歩10分

大阪府松原市のヒーリング整体「気巧赤ひげ」ホームページ







このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年4月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:赤ひげ治療日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

サーカス動画