大阪府松原市の整体院にて肩こり腰痛はもちろん側弯症・アトピー・糖尿病・リューマチもお任せください

大阪府松原市 近鉄南大阪線・河内天美駅 心とからだに、整体 気巧赤ひげ

なす総べがない時の「想いの治療」

身体治しの治療ってなんだろうと思う時がある。


モチロン治るなら治療したらイイと思う。

意味のない治療は僕はしてほしくない?


ある老婆が居て。老衰が始まっているとして


「?や、白内障、難聴の治療は効果が望めないのに???何とか剤や手術が必要なのか?

黄疸が始まっているのですよ。


一時寝たきりになり。水も食事も出来なかった。


そして水を飲み、重湯を飲んだ。今は歩いて食堂に行き、普通食を希望して食べている。


でも黄疸は進んでいる。



医者イワク「あと何週間です?ここまでの?????が痛みが無いのは不思議やな」と言います。


私少し前に言いました。「ここまで老衰が進んでいますから。薬も手術も要りません」と。そして痛み無くなり、普通食をし。黄疸が進んでも気持ち安らかな毎日があるなら、例えそれが数日でも本人も家族も幸せで有りがたいと私は思っています。


病院も薬も手術も時には必要でしょうが時と場合によっては残りの一時の安らかな日々を求める治療?も正解かなとも考えてしまいます。


黄疸かなり進んでも「痛み無く。食欲あり。体液も止まり。難聴も心なしか良く(私の幸せな思い込みですが)」たとえ寿命が先送りにならなくても今日が一時間が一時が素晴らしくて大事なように思うのです。


苦しんで一週間長生きしても。今が楽で幸せなら私は????とか剤で苦しめたくないです。そう思う時、残された治療は神様「太陽か富士山か解らないけど」に祈る治療しか人間の私には出来ません。それでも宗教には祈り方知らないからチワワのリンカに話し掛けて祈ります。






大阪府松原市近鉄南大阪線「河内天美」から徒歩10分

心と体にやさしい整体『赤ひげ』

大阪府松原市の整体「気巧赤ひげ」ホームページ






このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年6月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:赤ひげ治療日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

サーカス動画